ホテルスイートルームの語源、間取りや定義は?当日予約なしで宿泊できる?【英語】【種類】

シェアして頂けると頑張れます♪

どうも、元ホテルマンのよっちゃんです。

皆さんホテルのスイートルームって

泊まったことありますか?

私はホテルで働いていましたが、

ほとんど利用したことは無いです。

高級なお部屋なので、

料金がある程度かかりますからね。

お金が欲しい~~

ところでこの

スイートルーム

の語源て知ってます?

スイート、スイート…

…甘い?…部屋???

壁が甘いのか????

なんて考えちゃいますよね 笑

(んなこたぁない)

今回はスイートルームに関して

調べてみましたので書いていきたいと

思います。

スポンサーリンク

スイートルームの語源は?

スイートルームってなぜ

”スイート”と言うのでしょう?

日本ではスイートと聞くと、甘いという意味合いを

連想してしまいがちですが、

ホテルで使われるスイートルームに関しては

全く違います。

スイートルームで使われるている

スイートという言葉は「suite」という英語です。

甘~~~~~い

の「sweet」とは異なります。

私は英語は得意ではありませんが、

「suite」の意味は

「○○組」「○○続きの部屋」「組曲」「○○揃い」

などの続くというようなニュアンスです。

つまりスイートルームは、

居間、客間、寝室などが一続きに繋がっている

部屋を意味する言葉なのです。

居間、客間がある時点で大きいお部屋というのも

分かりますね。

一般的にはワンランク上の少ぉーしお高いお部屋

でもあります。

また本当は「suite」という一語だけで、

「スイートルーム」の意味があるそうです。

ちなみに

「suite」

「sweet」

の発音は同じらしいです。

紛らわしい!!笑

ただスイートルームが「甘い部屋」と

混同されるのにも理由があるようで、

新婚さんが旅行でホテルに宿泊する際

スイートルームも人気があったことから

新婚=甘い

というように広まった?という噂もあります。

それはそれで微笑ましい話ですけどね(^^)

スイートルームの間取りや定義ってあるの?

スイートルームには決まった間取りは

ないようですが先述している通り、

続き部屋になっているとスイートになります。

また厳密にいうと

洋室の続き部屋がスイートという話も…

この部分はなんとも言えません。

(調べられませんでした。)

スポンサーリンク

スイートルームの種類は?

スイートルームも何種類かタイプがあります。

簡単ですが紹介したいと思います。

機会があればそれぞれのタイプも今後詳しく

紹介していきたいと思います。

セミスイート

…コンパクトなスイート。ベッドとリビングが

一組。

ジュニアスイート

…セミスイートとほぼ同じ意味のようです。

ファミリースイート

…家族で宿泊しやすい家具や間取りの

スイートです。

インペリアルスイート

…最上級のスイート。

エグゼクティブスイート

プレミアスイート

キャピタルスイート

メゾネットスイート

コーナースイート

シティスイート

いくつかのホテルのホームページを

拝見しましたが、色んな名前の

スイートルームがありました。

ホテル独自にオリジナルの名前を付けられているの

かも知れません。

それぞれのホテルのこだわりが詰まった

スイートルームなんですね。

スイートルームは当日予約無しでも泊まれるのか?

スイートルームは高級なお部屋だから

ホテルに予約無しでお願いしても

無理だろうなぁ…

↑↑

そんなことは決してありません。

確かにスイートルーム自体が

どのホテルも数多くないので繁忙期などは

予約が埋まりやすいかもしれませんが、

空いているようであれば当日予約無しでも

ホテル側としては大歓迎です。

(もちろん予約がいっぱいなら無理です。)

確かにスイートルームのセッティングは

通常タイプの客室より、準備やチェックする

項目が多くて大変です。

ただその一手間が料金として通常の何倍も

お客様から頂けるので、ホテルとしては

嬉しい限りなんです。

もちろん時間帯にはよります。

客室スタッフが帰ってしまっている21時

22時頃に、いきなりスイートに

泊まりたいと言っても、準備ができない

可能性があります。余裕があれば

当日でもホテルに宿泊の予約の電話を入れる

ようにしましょう。


いかがでしたか?

スイートルームはどうやら

甘い部屋ではないようです 笑

たまにはリッチな気分を味わうために

スイートルームを予約してみたいものですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

またのお越しを。

\ こちらの記事もオススメです!/

\ 当ブログではこちらのジャンルをご用意しております /

       

スポンサーリンク

シェアして頂けると頑張れます♪