最初以外とうまくいかない!ホテルカードキーの開け方【仕組み】

シェアして頂けると頑張れます♪

あれ、

カードキーを差してもドアが開かない。。

最初ボーイさんが開けてくれた時は

簡単に開けてたのに、

カードキーが壊れちゃったのかな…?

どうも、元ホテルマンのよっちゃんです。

ホテルのカードキー。

シリンダーキー(家の鍵みたいなヤツ)

より軽るいし、カードタイプなので

財布にも入るし。

でもカードキーって若干クセ

あったりするんですよね。

私がホテルマン時代にも

やはりカードキーでうまく開けられない

人が1日で何人かいました。

お客さんが思っているカードキーの開け方

のイメージと

なーーんか違うみたいなんですよね(笑)

正直ホテルによって

使い方のタイミングに違いがあります。

今回はカードキーの使い方にどのような違いがあるのか、

気を付けるポイントを紹介していきたいと思います。

\ こちらの記事もオススメです!/

スポンサーリンク

実は差すタイプのカードキーがクセモノ!

カードキーで鍵を開ける場合、

皆さんはどんなイメージを持っていますか?

だいたいの人は

ドアノブの上にある差込口に

カードキーを差し込む

イメージじゃないでしょうか?

実は今新しいホテルとかは

差し込むタイプではなく

カードキーをセンサーにかざして

開けるタイプもあるんです。

この「かざす」タイプの開け方であれば

ほぼほぼ失敗はしないと思います。

本当に簡単です。

問題なのは

カードキーを差し込むタイプ

です。

おそらく日本のホテルでは

この差し込み型が1番多いんじゃないかと

思います。

なぜこの差し込むタイプ

は開けにくいと感じる人が多いのでしょう?

差し込み型は 「差して抜く」 タイミングがホテルによって違う

カードキーを差し込み型で開けるタイプは

ホテルによってタイミングが若干違います。

ここでいうタイミングというのは

カードキーを差してから抜くまでの動作

のことです。

そしてカードキーを差すまではいいのですが

抜くときのタイミング

のクセが強いんです。

クセの種類としては

①カードキーを差した瞬間に開く

②カードキーをゆっくり抜くと開く

③カードキーを早く抜くと開く

などがあります。

カードキーには磁気が入っているため、

差込口に差して反応しないと

カギが開かない仕組みになっています。

①カードキーを差した瞬間に開く

の状態でカギが開けばいいのですが、

大体の場合は抜いた時に反応します

一般的には

②カードキーをゆっくり抜くと開く

が正しいと思います。

理由は

③のように早く抜いてしまうと

差し込み口が磁気の読み取りが

間に合わないためです。

ただし、

ホテルによって違いがあるので

②が絶対とも言えません。

実は私が働いていたホテルでは

逆に③じゃないと開かなかったからです。

詳しい構造はわかりませんが、

カードキーをゆっくり抜くと磁気が反応しない

という

②とは全く逆の状態でした。

これらのことを踏まえると

【答え】が出てきます。

次ページは【答え】

ボーイさんの説明をちゃんと聞いておく

\ こちらの記事もオススメです!/

スポンサーリンク

【ページ2】答え

↓↓ ボーイさんの説明をちゃんと聞いておく↓↓

シェアして頂けると頑張れます♪