ホテルのカードキーを部屋の中に忘れてロックがかかった時の最速対処法

シェアして頂けると頑張れます♪

”げっ…ホテルのカードキーを部屋の中に入れたまま外に出ちゃった…”

一度外に出ると自動でカギがかかるので、部屋に入れずその場で立ち往生…

さらに他の宿泊客が通路を通ったりで、パニックであたふたしてる様子を見られてしまって赤面状態…

どうも、元ホテルマンのよっちゃんです。

ホテルに泊まると一度はこんなことありますよね。

まだ宿泊したことない方は

そんなことする訳ないじゃん

と思われるかもしれませんが、
けっこうよくあることなんです。

特にホテルのお部屋に入り荷物整理もやっと終わって、さぁこれからホテルの探検だーーー

って浮れている時ほど起こりやすい、ホテルあるあるのファーストトラップ?です 笑

私もホテルマン時代はそういうお客様を度々見てきました。

ホテルに入るとなんか、こうワクワクしてきますよね!

その勢いで部屋から外に出てしまうのでそういうことになってしまうんだと思います。(多分)

カードキーの場合はほぼ間違いなくオートロックなので、
一度ドアが閉まってしまうと外から開けることができません。

まぁ日常生活ではまずありえないことなので(普通生活レベルであれば)
仕方ないことだとも思います。

そんな時は落ち着いて次のことを実行してください。

\ こちらの記事もオススメです!/

スポンサーリンク

客室設置電話でフロントに繋ぎカギを開けてもらう

間違いなくこれが最速です。

フロントに電話をしてホテルスタッフにお部屋の鍵開けに来てもらうんです。

普通に考えてフロントに助けを求めるしかないですよね。

ビジネスホテルであれば、自分の部屋からエレベーターまでそう遠くはないので、
フロント階に降りるだけなのでそう時間はかからないのですが、

観光ホテルや少し横幅のあるホテルに関しては、まずエレベーターに
行き着くまでに距離があります。

移動するまで時間がかかりますし正直疲れます。

フロントに内容を正直に伝えて鍵開けに来てもらいましょう。

館内電話は使用してもいいのか

それではいざフロントに伝える際の電話ですが、

館内に設置されている電話を勝手に使ってよいのか

という疑問があると思います。

電話の形はホテルによって違うと思いますが、
壁についていたり、小さなテーブルにきれい設置されていたりします。

皆さんは緊急電話のようなものをイメージされているかもしれませんが、
フロント連絡用の電話、つまりホテルの客室と同じものが
通路にあると思ってもらってよいのです。

その証拠に通路設置電話には、フロントの番号が書かれているはずです。
(ホテルによって違いますが、1、5、9等覚えやすい番号が多いようです。)

先にも述べていますが、観光ホテルのような大きな建物だと
迷子になってしまうケースも出たり、突然体調を悪くしたり
した際にすぐに駆けつけられるように、

ホテル側はフロントに連絡ができるように館内電話を設置しているのです。

自分の部屋に入れなくなった、というのもある意味緊急事態?
でもありますので、フロントへの連絡をする際には
すぐに館内電話を使いましょう。

スポンサーリンク

ホテルの人に迷惑をかけてしまうんじゃないか

館内電話があることはわかったけれど、
自分のうっかりでオートロックのドアを閉めてしまった。

なーんか来てもらうのも悪いし、恥ずかしいなぁ。

そんな気持ちを少しでももっているあなたは
とても思いやりのある人です。

ただ心配はご無用。ドア開けに駆けつけるのも
ホテルの立派な仕事です。

そして思っているほど大変な仕事ではありません。

なぜならフロントへドア開け依頼がきたとしても
フロントからスタッフがわざわざ来てくれるわけではなく、
フロントから客室係へ連絡が入り、客室スタッフがドア開けに
来てくれますので、そんなに大変な作業ではないのです。

実際に客室フロアには必ず、キーパーと呼ばれる部屋があり、
そこから係が駆けつけてくれるため
思っているほど大変な作業ではないのです。

もちろん客室係も忙しくて電話に出られないこともありますが、
その時はフロントからスッタフが駆けつけてくれます。

私もホテルマン時代はフロントにおりましたので、
”ドアオープン”という業務でお客様のお部屋に駆けつけたりすることもありました。

私が働いていたホテルは館内がとても広く、
フロントから客室に駆けつけるのは中々距離がありましたが、

マスターキーで部屋の鍵を開けた際の

わざわざ来てくれてありがとう。助かったよ。

というお客様からの感謝の言葉は
今でも忘れません。

ホテルの仕事はお客様へのおもてなし。

お客様に快適に過ごしていただくための心遣いや気配りは当たり前なので、

嫌な気持ちになるスタッフはいません。

困った時は館内電話を是非使いましょう。

スポンサーリンク

\ こちらの記事もオススメです!/

\ 当ブログではこちらのジャンルをご用意しております /

       

シェアして頂けると頑張れます♪