ホテルで貴重品を守るセーフティボックスを使う!有料?開かなくなったら?【客室】【暗証番号】

シェアして頂けると頑張れます♪

どうも、
元ホテルマンのよっちゃんです。

今年(2020年)はオリンピックが
開催されなかったですね。

新型コロナの影響は本当に大きいです。
来年開催されることを願っています。

さてさて

皆さんはホテルに宿泊する時
貴重品はどうしてますか?

貴重品というのは
財布貴金属などのことです。

特に財布にはお金だけでなく
キャッシュカードクレジットカード、
運転免許証、保険証、パスポートなど

ありとあらゆるものを
入れていると思います。

もちろん旅行カバンやスーツケースの
定位置に入れるというのもいいのですが、
ホテルの客室には
セーフティボックスという
強い味方がいます。

今回は貴重品を守る
セーフティボックスを紹介
していきたいと思います。

セーフティボックスってどんなもの?

セーフティボックスは
金庫のことです。

↓こんな感じのものや

↓こんな感じのものです。

楽天市場で見てみましたけど
15,000円~30,000円位で
買えるんですね!

だいたいダイヤル式で
入力をする仕組みになっています。

暗証番号を忘れないよう
注意が必要です。

古いタイプだと
鍵を回して~という金庫も
あります。

そうそう↑こんな感じ。

私が働いていたホテルも
2種類ほどありました。

ダイヤル式でしたが、
古くて使い方がかなり
分かりづらかったです。

新しくなったかな。

セーフティボックスは有料?

ホテルの客室にあるセーフティボックスは、
ほとんどの場合無料だと思います。

ただホテルによっては有料という
ホテルもあるそうでうす。

海外にそういうところがあるらしい?

コインロッカー感覚なんでしょうね。

万が一セーフティボックスが開かなくなったら?

万が一セーフティボックスの
暗証番号が分からなくなって
開かなくなったら、

迷わずフロントに電話です。

マスターキーで開けることが
できるのでご安心を。

あと注意点としては、
帰る時に出し忘れに気をつけましょう。

そういうお客様を何度か
見たことがあります。

まとめ

さていかがだったでしょうか?

ホテルに宿泊する際は
必然的に荷物が多くなるので
貴重品をセーフティボックスに
入れて管理しておきましょう。

帰りに取り忘れに
注意ですよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
またのお越しを!

シェアして頂けると頑張れます♪