今更聞けない!ホテルフロントって何?ホテルの何処にある?ロビーとの違いは?【語源】

シェアして頂けると頑張れます♪

どうも、元ホテルマンのよっちゃんです!

早速ですが、皆さんはホテルフロント

の役割をご存知ですか?

フロントってあのー…

受付するやつだろ!

なんとなく分かってはいるものの、本当の役割

などよく分からない部分もあると思います。

私もフロントの仕事に憧れてホテルマンに

なろうと思ったものです。

…ただフロントの意味は正直よく

分かっていませんでした(笑)

今回はフロントの役割について

詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

フロントって結局何だよ!

まずはフロントの役割から説明します。

ホテルフロントの主な役割は

受付(レセプション)です。

チェックインやチェックアウトなど

宿泊に関する手続きを行います。

またそれだけではなく、

会計業務(キャッシャー)、

インフォメーション

など、会計や場所・乗り物の時刻案内など

様々な手続き、案内を行います。

予約や客室への連絡なども行う

まさにホテルの生命線と言ってもいいでしょう。

ちなみに、

ホテル玄関でお迎えする係はドアマン、

チェックイン手続き後にお部屋まで案内する

係はベルマン(ベルボーイ、ベルガール)

が担当となります。

フロントの語源って何だよ!

また語源的なところですが、

フロントは和製英語?になります。

外国ではフロントの意味は前面・正面という意味に

なってしまいます。

正しくは、

Front Desk(フロントデスク)

(ホテル・会社などの)フロント、受付、接客カウンター

です。

フロントという言葉はFront Deskを短縮した

日本独自の呼び名だと言われています。

また外国ではReception(レセプション)

という言葉でもフロントとして通じます。

先述していますが、受付という意味です。

確かにフロントって日本語に訳すと、

「前」っていう意味ですもんね。

ぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

フロントってホテルの何処にあるんだよ!

さてフロントの場所ですが、ホテルの

どの辺りにあるのでしょうか?

実際の場所はホテルによって違いますが、

大概はホテルに入ってすぐです。

なぜならチェックイン(宿泊の手続き)や

チェックアウト(帰る手続き)を行う為、

玄関近くが一番適しているからです。

ホテルによって入り口が異なるため、

1階だったり、3階だったり、

50階だったりというケースもあります。

フロントは手続き以外に色々と教えてもらったり

する場所にもなりますので、宿泊する際は

しっかりと位置を覚えておきましょう。

フロントとロビーは何が違うんだよ!

最後にフロントとロビーの違いを説明します。

フロント…手続きを行う場所。カウンターがある。

ロビー…玄関近くにある、応接・休憩・待ち合わせなどが

できる広い空間。フロント近くにある待合スペース。

フロントは手続きをするカウンターを指しています。

ロビーはチェックイン、チェックアウトの手続きをしたあと

の待合場所です。

フロント、ロビーはホテルの鏡と言われている場所なので

ホテルの質はここにハッキリと出ます。

ホテル宿泊の際にはこの場所はしっかりとチェックして

おきましょう。


いかがだったでしょうか?

ホテルフロントは様々な手続きを行う、

ホテルの中枢部分になります。

宿泊の際に必ずお世話になる場所ですので、

注意深く見てみるのも面白いかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

またのお越しを。

スポンサーリンク

\ こちらの記事もオススメです!/

\ 当ブログではこちらのジャンルをご用意しております /

       

\ よっちゃんのブログだよ /

シェアして頂けると頑張れます♪