\ ゆる~くふわっと /

ホテルサービス料の相場は?サービス料10%の場合、消費税の計算方法は?

シェアして頂けると頑張れます♪

どうも、
元ホテルマンのよっちゃんです🍨

いやー2020年の11月ももう終わりそう。
寒くなってきましたし。

それでもアイスクリームは美味しいですね。

スーパーに安いヤツがあると
ついつい買っちゃいます。

冷えないようにーっと。

さてさて、
皆さんはホテルに泊まった時に
サービス料という表記を目にしたことが
ありますか?

お会計の明細などに宿泊代とは別に
書かれているヤツのことなんですが、
その項目には10%などと書かれていて、
消費税とは別に料金が引かれています。

きっと
サービス料とはなんなのじゃ?
なぜ払わんといかんのじゃ?

と思われているんじゃないでしょうか?

実はこのサービス料というヤツは
日本が独自に生み出した仕組み
言っても過言ではないもので、
各ホテルで当たり前のように請求されています。

今日はこのサービス料について
深堀りをして紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

サービス料の相場はいくら?

それではまずこのサービス料の
相場
についてお話ししたいと思います。

サービス料とはなんぞや?
については次の項目に書きますね。

サービス料の相場。
結論
宿泊代などの料金の10~15%が多い。
と言われています。

通常の宿泊料とは別に、これだけの料金が
かかるんですねー。

ちなみに私が以前働いていたホテルでも
10%のサービス料をいただいていました。

そもそもサービス料とは?

さぁここですよ。そもそもの部分。

サービス料って一体何?

ってね。

結論から言います。

サービス料とは
海外のホテルのチップに当たる料金
のことです。

そ、そ、そうだったのか!

そう!サービス料とは
何かのサービスをしてくれるための料金
とかではなくて、

サービスをしてくれた
スタッフさんへの謝礼
のようなものなんです。

実は海外では
チップ(スタッフへのお礼のお金)
を支払うのは当たり前の感覚で、
払わないと逆に失礼に当たります。

昔は日本のホテルでもチップを払う制度が
あったようですが、うまくハマらなかった為
「サービス料」
という形でお客様からもらうように
なったそうです。

なので、
日本のほとんどのホテルでは
チップを払う義務はない
のです。

ただもしホテルスタッフから受けたサービスに
対して何かお礼をしたい気持ちがありましたら、
その時は遠慮なくチップとしてお渡し下さい。

チップに関しての記事もアップしていますので
ぜひ読んでみて下さいね。

\ チップに関しての記事です /

海外でチップを渡す場合は、ウエイター、
ベルボーイ、客室などで
それぞれ渡す必要があるようなので
サービス料とうい形で払った方が
個人的には楽だと思います。

スポンサーリンク

サービス料が10%の場合、消費税との計算方法は?

はい、
それではサービス料と消費税の計算方法をお話しします。

今回はサービス料10%の場合で計算してみます。

計算方法

(宿泊料+サービス料10%)×消費税10%

に当てはめて計算します。

仮に宿泊料を10,000円としたら、

(10,000+1000)×1.1=12,100

もしくは

10,000×1.1×1.1=12,100

でもいいです。

つまり
12,100円がサービス料と消費税を込みにした
料金となります。

この全部を合わせた料金のことを、
税サ込(ぜいさこみ)
とも言います。

くれぐれもサービス料10%と消費税10%
足して20%としないようにして下さいね。

そうして計算してしまうと、

10,000×1.2=12,000

12,000円となってしまい
計算が合わなくなります。
しっかりと式を抑えておきましょう。

消費税が以前より上がってキツいところ
ですが、10%の消費税は暗算が
しやすいです。

まとめ

今回はホテルのサービス料に関して
記事を書きました。

まとめです。

・サービス料の相場は10~15%。

・サービス料とは海外のホテルのチップに相当する料金のこと。

・サービス料の計算方法は
宿泊料金×1.1×1.1。

以上のような形でございました。

学校でこういうことも教えてほしい
ものですね(><)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
またのお越しを!

スポンサーリンク

\ こちらの記事もオススメです!/

\ 当ブログではこちらのジャンルをご用意しております /

       

\ ゆる~くふわっと /

\ よっちゃんのブログだよ /

スポンサーリンク

 

シェアして頂けると頑張れます♪