ホテルで朝、確実に起きる方法【モーニングコールのやり方、種類】【フロント】

シェアして頂けると頑張れます♪

どうも、元ホテルマンのよっちゃんです。

皆さんはホテルに宿泊する時に
目覚まし時計って持っていきますか?

もしくは持っていこうと考えますか?

大半の人は目覚まし時計なんて
持っていかないと思います。

かばんに詰めて持っていくのも
大変ですからねー。

でも最近では
ケータイやスマホのアラームで十分!

という人も多いと思います。

ケータイやスマホのアラームでも
いいんですが、
旅行に来たときは浮かれてしまって
ついアラームをかけ忘れたり、

もしくはケータイの充電を忘れていて
バッテリーが切れてしまっていたり。

思わぬアクシデントでアラーム機能が
うまく働かないかもしれません。

実はそんな時、ホテルには
必ず朝起きることを可能にしてくれる
魔法のサービスがあるんです。

そのサービスの名前は
モーニングコールといいます。

今回は、ホテルのモーニングコールに
ついて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ホテルのモーニングコールって何?

モーニングコールとは、

朝起こしてもらえるサービス

と思ってもらって大丈夫です。

モーニングコールのサービスは
大きく2つあります。

①つ目は、宿泊している部屋に
電話をかけてもらって起こして
もらうサービス。

②つ目は、客室に置いてある
電話機のアラームを使う
サービス。(サービスとは言わない??)

どちらも大体のホテルにはあるサービスです。

これを使えば、ケータイ電話に頼らなくても
いいという訳です。

それではどのように使うのか解説していきます。

①宿泊している部屋に電話をかけてもらい、起こしてもらうサービスのやり方

まずはお部屋に電話をかけてもらい
起こしてもらうサービスについて。

モーニングコールと言えばこちらを
連想する人が多いかもしれません。

指定した時間にホテルスタッフが
お部屋の内線電話に電話をかけて起こしてくれます。

利用する際は、フロントに直接頼むか、
電話で依頼をします。

「明日の朝、◯◯時に
モーニングコールをお願いしたいんですが。」

でOKです。簡単ですね!

依頼を受けたフロントスタッフは
モーニングコール台帳などでお客様の
部屋番号、お名前、電話をかける時間を登録します。

その台帳をもとに夜間のスタッフ、
もしくは朝のフロントスタッフが
登録してある時間にお客様のお部屋に
電話をかけていきます。

私もホテルマン時代は
お客様のお部屋にモーニングコールをしたものです。
依頼はそこまで多くはありませんでしたが、
毎日最低でも1〜2件ありました。

このモーニングコールで頼んでおいた方が
安心して眠ることができるのでオススメです。

もし万が一コールで起きなかった場合、
ホテルによってはお部屋までスタッフが
起こしに来てくれるようです。

もし起きなかった時の為に、
事前にお願いしておくのもいいかも
しれません。

スポンサーリンク

②客室に置いてある電話機のアラームを使うやり方

もう一つのモーニングコール。

お部屋の電話機に付いている
目覚まし機能を使うやり方です。

これはフロントに依頼をしなくても
いいので、こちらの方が気が楽な人も
いると思います。

使い方は、だいたいの場合
電話機の近くに操作説明書が
あると思いますので、それを参考に
していただければと思います。

私自身あまり使ったことがないので
説明ができず。。すみません。

まとめ

今回のモーニングコールに関するまとめです。

モーニングコールとは、
朝起こしてもらえるサービス
やり方は大きく2つある。

フロントに直接依頼するやり方。

客室の電話機の機能を使うやり方。

①の方法が私的にはオススメかなー。

また最近では、目覚まし時計を
設置するホテルもあるみたいで、
モーニングコールを行わないホテル
もあるそうです。

それはそれで寂しい気がします。。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます!

またのお越しを!

スポンサーリンク

\ こちらの記事もオススメです!/

\ 当ブログではこちらのジャンルをご用意しております /

       

\ よっちゃんのブログだよ /

シェアして頂けると頑張れます♪