旅行先で観光したいけどホテルで詳しく教えてくれるのか【コンシェルジュ】【フロント】

シェアして頂けると頑張れます♪

ホテルに宿泊したのはいいものの…

バタバタしてて家に観光雑誌忘れてきちゃった。。

ネットとかでも色々調べてけっこう色々メモしてたんだけど、

観光地の名前も覚えてない(泣)

今から雑誌買いに行くのもスマホで調べるのも

時間かかるし、お金もったいないし…

どうも元ホテルマンのよっちゃんです。

旅行するときは準備することが多くて

忘れ物も1つや2つでてきます。

ましてや毎日の仕事や学校で忙しいと

旅支度する時間もなく、

出発前夜に荷物を詰め込んじゃったり。

バタバタして準備すると

必ずといっていいくらい何かが無いです(笑)

話は戻りますが、

旅行での醍醐味といえばやはり観光です。

旅行先では滞在時間が決まっているので

事前に地図やら施設の時間などを

調べておかないと、

行く先々で調べる時間がかかってしまうので

周れる観光スポットが限られてきます。

同じ場所への観光地は今後2度と

来ることがないかもしれないので

しっかりと下準備はしておきたいものです。

しかし、準備ができていなかったり、

観光資料を忘れてしまったのを

悔やんでもしょうがありません。

ホテルに宿泊しているのであれば

便利なサービスがありますので

紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コンシェルジュを活用しよう

ホテルの仕事は

フロントマン、ドアマン、ベルボーイ

ウェイター、客室係

など、館内施設によって

さまざまなスタッフが働いています。

その中に、観光案内を専門とした

コンシェルジュ

と呼ばれるスタッフが存在します。

なんとなく名前は聞いたこと

あるかもしれませんが、

主に

観光スポット、交通情報、

飲食店情報

など

ホテル周辺の観光のお手伝い

をしている

とてもありがたいサービスなのです。

さすがホテルマン、これぞおもてなし

という感じですね。

コンシェルジュという言葉は

フランス語で「管理人」

という意味だ、と先輩から聞いたことが

あります。

なぜ管理人が観光案内するのかは

不明ですが(笑)

今ではデパートや駅などでも

このようなサービスがあるようです。

話がそれましたが、

コンシェルジュというサービスフロアは

正直ホテルによって

無い場合もあります。

おもにフロント周りに

専用デスクで用意されているのですが、

小さいホテルや昔からあるホテルは

フロントが観光案内も合わせてやっている

ところも少なくないと思います。

とりあえずフロントにたずねてみるの

が良いでしょう。

スポンサーリンク

観光情報を聞くポイントはこれだ

コンシェルジュやフロントスタッフも

毎日ホテル周辺の案内をされているので

説明される内容は決まっていると

思いますが、

ロボットではないので、人によって

教えてくれるポイントが違います。

そこで聞く際の大事なポイントを紹介します。

○○時までに観光を終えたい

まさにこれです。

冒頭でも書きましたが、

観光地での時間は限られています。

車ならともかく、

飛行機、JR、バス

など公共交通機関を利用する場合は

タイムリミットがあるので

スタッフの方にあれこれ聞いても

最終的に時間がオーバーする

プランニングでは全く意味がありません。

なぜなら

帰れなくなるからです。

それなら1番始めにリミットの時間を

伝えればいいのです。

「○○時には飛行機(JRなど)に

乗りたいのですが、それまでに

周れる観光スポットを教えて下さい。」

これであれば、スタッフの方も

時間を逆算して考えてくれるので

最適なルートが導かれるはずです。

またスタッフ側からしても

教えることが絞られれば、

案内する回転も良くなりますので

次のお客様への対応も早くなり

ホテル側としても助かります。

あとこれもオススメなのですが、

お食事処

を観光ルートに組み込んで

聞いた方がいいです。

なぜなら観光地によっては

喫茶店しかない。

自販機しかない。

何もない。

といった状況も考えられるので、

食事のタイミングを誤ってしまうと

観光どころではなくなってしまいます(笑)

是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

\ こちらの記事もオススメです!/

\ 当ブログではこちらのジャンルをご用意しております /

       

\ よっちゃんのブログだよ /

スポンサーリンク

シェアして頂けると頑張れます♪