元ホテルマンがオススメ、旅行で失敗しないスーツケースの種類、選び方!【便利グッズ】

シェアして頂けると頑張れます♪

どうも、

元ホテルマンのよっちゃんです!

皆さんは旅行に出かける時に荷物はどんな

カバンにいれますか?

大半の方はスーツケースか、ボストンバック

のような大きなものを用意すると思います。

最近では多機能なリュックなどもありますね。

私がホテルで働いていた時には

ベルボーイとして様々なカバンを

運んできました。

その時に

これは使いにくそうだな~

というものも正直ありました。

今回は旅行で多くの人が使うスーツケースに絞り、

私の経験を踏まえたオススメポイント

注意点を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スーツケースの種類を把握して選びましょう

一概にスーツケースと言っても

多様なものが売っています。

販売している場所も、

カバン専門店、デパート、ブランドショップなど、

売っている素材や機能性、値段も様々です。

私がスーツケースを選ぶポイントは、

  • 1.スーツケースの収納(どれだけ入るか)
  • 2.スーツケースの機動性(運びやすさ)
  • 3.スーツケースの素材(頑丈さ)

の3点です。個人で選ぶポイントは違うと思いますが、

是非参考にしてみて下さい。

1.スーツケースの収納(どれだけ入るか)

まずはスーツケースの収納。

私は2つの基準を考えています。

①スーツケースの容量

荷物を運ぶ訳ですから、そまそもその荷物が

入るスーツケースでなくてはいけません。

収納の基準は、

宿泊日数に合わせて選ぶのがベターです。

大きいスーツケースを買えばもちろん

たくさん入りますが、大きすぎると

かえって荷物になってしまいます。

私がホテルマン時代に運んできたスーツケースの中で

これは使いにくそうだと思った第一位は、

自分で運べないくらい大きなスーツケース

です。

余裕を持った大きさなのは分かります。

でも自分で運べなかったら元も子もありません。

大きいスーツケースは頑丈なものが多く、

それに伴いかなり重くなります。

短期宿泊のお客様の大きなスーツケースを運んだ時、

(なぜこのスーツケースを選んだんだ!?)

と心の中で思っていました(笑)

大は小を兼ねるといいますが、

旅行はあちこち歩き回ったりするので

大きすぎて、重いと疲労の蓄積が

半端ないです。

1~3泊用それ以上の宿泊用

スーツケースは分けて持っていた方がいいです。

1泊あたり10Lという目安があります。

宿泊数に応じて収納容量をえらびましょう。

宿泊数  容量  高さ
1~2泊  ~25L 52cm前後
2~3泊  26~40L 53~56cm前後
3~5泊  41~60L 57~65cm前後
5~7泊  61~80L 65~75cm前後
8泊~  81L以上 75~80cm前後

②スーツケースの収納スペース

容量は同じでもスーツケースの

収納のしやすさはメーカーによって違います。

ポケットの数やパソコンスペースなど

用途に合わせた便利なスーツケースが

登場してきているのでいくつか紹介したいと思います。

まずはスイスのメーカーVICTORINOX(ビクトリノックス)

が販売しているVXツーリングというスーツケース。

もともとはナイフメーカーで

1999年にトラベル事業に参入しています。

面白いのは

靴の収納スペースがあるところです。

出典:https://item.rakuten.co.jp/multiverse/vtring-gco/

すごくないですか!

これっだったらマラソン大会や宿泊先でランニング

とかもしやすくなりますよね。

またこの収納スペースは防水加工が施されているので、

濡れたものを入れることもできます。

色んな使い方が考えられますね!

続いてはWorld Traveler(ワールドトラベラー)

が販売しているスーツケース。

このスーツケースの面白いところは

通常パカーンと開く収納口とは別に

フロントポケットがついています。

出典:https://item.rakuten.co.jp/ace-store/06161/

これだったらスーツケースを

パカーンと開けることなく、

チケットノートパソコンなどを間単に

取り出すことができるので、

スマートに手続きや作業をすることができます。

こういう細やかな気配りがあると

嬉しいですよね!

また機会があれば面白い

スーツケースを紹介していきますね。

スポンサーリンク

2.スーツケースの機動性(運びやすさ)

次のポイントはスーツケースの運びやすさです。

荷物が多くなるともちろん重くなりますが、

運びやすい工夫が施されていると、

本当に持ち運びが楽になります。

①スーツケースのキャスター

これ結構重要です。

基本的にスーツケースにはキャスター

という車輪がついています。キャスター

があることで重いスーツケースも楽に運べます。

そしてキャスターのタイプによって

運びやすさがかなり変わってきますので

慎重に選ばなければなりません。

2輪タイプ

出典:https://item.rakuten.co.jp/multiverse/vtring-gco/

キャスターが2つ付いているタイプです。

車輪がスーツケースに固定されていて

前後の動きしかできませんが、

段差に強いという特徴があります。

どんなに安いスーツケースでも

2つのキャスターはついていますね。

4輪タイプ

出典:https://item.rakuten.co.jp/galleria/brf304219/

4輪タイプはそれぞれの車輪が360度

回転するので、空港やホテルロビーなど

平坦な通路ではバツグンの移動性能がでます。

ただし、デコボコした道だとかなりガクガクに

なります。

個人的には4輪好きです。

Wキャスター

出典:https://item.rakuten.co.jp/ace-store/06161/

1個のキャスターに車輪が2個ついている

タイプです。車輪の数が増えることで

安定性が向上します。

2つのキャスタータイプでは4輪

4つのキャスタータイプでは8輪

になります。

余談ですが、スーツケースのお値段によって

キャスターの耐久度も違うようです。

働いていたホテルでも、壊れたキャスターの残骸を

見つけては片付けていました。

ガタガタしている道はあまりコロコロさせず、

持ち運んだ方がいいのかもしれません。

②キャリーバー(取っ手)

数多く種類があるわけではないですが、

長時間スーツケースを引っ張ることも

あると思いますので、チェックすべき

ポイントの一つです。

定番タイプ

出典:https://item.rakuten.co.jp/ace-store/06161/

シャキーンと伸びるタイプで、ほとんどが

このタイプです。ただ素材のせいか

安いスーツケースだと早い段階で

壊れてしまうことも。

お店で買うときは一度伸ばしてみて感触を

試してみましょう。

1本で伸ばすタイプ

出典:https://item.rakuten.co.jp/multiverse/vtring-gco/

なかなか無いんですが、

いいスーツケースにはこのタイプの

キャリーバーが付いているのがあります。

このタイプはなかなかしっかりしていて

壊れにくい気がします。

他にもグリップの握りやすさなどが

ありますので、買う前に一度

キャリーバーを伸ばして握ってみましょう。

スポンサーリンク

3.スーツケースの素材(頑丈さ)

最後のポイントは

スーツケースの強度です。

大切な荷物を守るためなので、

頑丈にこしたことはないのですが、

素材を知っておかないと

スーツケース自体がかなりの

重量になることがあります。

チェックしておきましょう!

ポリカーボネート

最近のスーツケースでよく使われている

素材です。非常に強度が高く薄くても丈夫です。

透過性(透明)に優れたプラスチック

スマホケースでもかなり使われています。

ABS樹脂

ポリカーボネートより以前から

使われている素材です。こちらも耐久性

にすぐれています。ポリカーボネート

よりも重いようですが頑丈であり、

軽さよりも硬さ重視であればこちらを

選んでみてもいいかもしれません。

アルミニウム合金

最強の耐久性を誇ります。強度がある分、

かなりの重量になり、購入価格も上がります。

手軽な旅行には不向きなタイプとも言えます。

ソフトタイプ

柔らかい素材でできていて、軽くて持ち運び

やすくお値段もお手頃です。強度が低く、

水濡れに弱い部分があります。


今回は少し長くなりましたが、スーツケースの種類、

選び方についてつらつらと書いてみました。

また機会があればピンポイントで紹介していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

またのお越しを!

スポンサーリンク

\ こちらの記事もオススメです!/

\ 当ブログではこちらのジャンルをご用意しております /

       

シェアして頂けると頑張れます♪